探偵に一番依頼の多い内容をリサーチ

探偵への調査依頼を検討されている方のためのサポートサイト

>

依頼件数が最も多い浮気調査依頼

いつの時代も浮気調査は不動の依頼件数

探偵に依頼される調査依頼は非常に傾向に偏りがあり、男女間の婚姻にまつわる浮気調査依頼は群を抜いて多く、探偵に持ち込まれる依頼の九割を占めることもあることからも、間違いなく最も依頼の多い調査依頼であり、探偵業が生まれてから常にトップレベルの依頼件数を持つ探偵への調査依頼の定番中の定番であることに疑いの余地はありません。

もちろん、時代ごとに探偵に依頼される調査以来の幅も広がりを見せてはいますが、浮気調査への依頼のパーセンテージがトップであることは変わることなく、調査依頼以外の依頼に当たるDNA鑑定をはじめとした各種鑑定も、やはり浮気調査の件数には及ばず、むしろ合法的にできる調査の範囲内で使用できる機器が増え、調査方法や鑑定方法が充実するほど、浮気調査の精度が高まり、浮気調査の依頼件数増加にもつながっています。

具体的な浮気調査の手法

長年依頼される調査件数のトップであるだけあって、浮気調査は比較的体系化されており、チーム単位での尾行と張り込みによる追跡調査を主軸に、浮気調査を依頼した依頼者の情報と照らし合わせつつ調査を行うのが基本で、これに聞き込み調査を加えたものがスタンダートな浮気調査の手法であるため、警察による捜査に近しいものがありますが、特別な権限がない点や練度にバラつきがあるなどの欠点はあります。

浮気調査の尾行及び張り込み調査は人件費と調査費込みで日給換算、約二十万円と高額なため、十分な資金がないと継続的な調査が難しいことから、依頼者からの情報や聞き込みなどを通じ張り込み・追跡調査をする日を絞り込んでのピンポイントな調査を請け負う探偵業者もあるので、浮気調査を依頼する際には資金面も考慮するべきでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る