探偵に一番依頼の多い内容をリサーチ

探偵への調査依頼を検討されている方のためのサポートサイト

>

探偵による調査のメリットと探偵を選ぶためのポイント

探偵に持ち込まれる依頼の典型例

一般に探偵というと、ドラマや映画のようなフィクションにのみ出てくる名探偵タイプの探偵と現実的な調査を生業とする調査員タイプの探偵が想起されることでしょうが、名探偵タイプの探偵は、やはり現実には存在せず、調査員タイプの探偵こそが探偵のスタンダートとなるでしょう。

探偵に持ち込まれる依頼は調査依頼が大半を占め、浮気・素行・身元・身辺・信用など多岐にわたり、盗聴器探しやストーカー対策などの依頼も持ち込まれることから、非常に雑然とした印象を受けますが、調査依頼に占める割合が最も多く、特に浮気調査や素行調査、身元調査のような、交際や婚姻に係わる調査依頼は件数をみても探偵に依頼される調査の典型例とも言えます。

一般的な探偵に調査できること

日本における探偵は、開業届を出すことこそ求められるものの、特別な免許・資格を要する職業ではないために、特別な能力を求められることはない一方、アメリカの一部州のように認可を受けた探偵が合法的に武器の所持を認められるといったような特権も公的な信用もないので、あくまで一般人が法的に許されている範囲内の調査に留まり、専門的な道具の使用こそありますが、それ以外は探偵業者や探偵個人の能力に依存するところが大きいのです。

よって、探偵が調査できることは、一般人に調査可能な範囲でかつ探偵業法に抵触しない範囲に留まるため、配偶者の浮気の有無を探る浮気調査、調査対象者の交友関係や私生活を調査する素行調査、交際相手並びに婚約者の家族構成や出自・交友関係を調べる身元調査、婚約者や雇用対象者の身辺の状況についてリサーチする身辺調査などをあくまで合法的に調査することができるに過ぎません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る